教育学年報11 教育研究の新章

第3期・編集委員
下司 晶、丸山英樹、青木栄一、濱中淳子
仁平典宏、石井英真、岩下 誠

2004年の休刊から15年――
大きな変換をとげている教育研究の新たな動向を、
各分野を代表する気鋭の研究者がレビュー。
知的で自由な対話を活性化し、教育研究のさらなる新章を切り開く
『教育学年報』が再始動!
〈編集委員による討論も収録〉

教育研究の新章

第Ⅰ部

教育哲学
―批判の後に何が来るのか?―
下司 晶

日本教育史
―一九九〇年代から二〇一〇年代までの動向―
柏木 敦

西洋教育史
―教育社会史研究の誕生と終焉?―
岩下 誠

❖座談会
教育学の実践性とは何か
―教育哲学をめぐって―

❖座談会
教育○○学は親学問との関係をどう取り結ぶべきか
―西洋教育史をめぐって―

第Ⅱ部

教育方法学
―「教育の学習化」を問い直し教育的価値の探究へ―
石井英真

教育心理学
―〈マインド〉から〈アウトカム〉へ―
加藤弘通

発達研究
―教育学における発達論の衰退のさなかで―
赤木和重

❖座談会
教育実践の学を追求するとは
―教育方法学をめぐって―

第Ⅲ部

教育法学
―「防御の教育法学」から「攻めの教育法学」へ―
髙橋 哲

教育行政学
―比較研究の方法論からの棚卸し―
青木栄一

教育経営学
―学校の自律性と臨床的アプローチ、その追究の先に―
篠原岳司

❖座談会
社会科学への一歩を踏み出す
―教育行政学をめぐって―

第Ⅳ部

教育社会学
―アクティベーション的転回とその外部―
仁平典宏

比較教育学
―差異化と一般化の往復で成り立つ―
丸山英樹

教育経済学
―教育学研究者はどこに「経済学」を見出し、向き合うのか―
橋野晶寛

❖座談会
教育社会学は自由と政治の夢を見るか
―教育社会学をめぐって―

❖座談会
外国との比較を通して研究の連携へ
―比較教育学をめぐって―

第Ⅴ部

高等教育論
―その意義が実感される日は来るのか―
濱中淳子

社会教育・生涯学習論
―現代社会教育制度の生成と変容―
佐藤智子

❖座談会
環境の変化にどう対峙するのか
―高等教育論をめぐって―

 

『教育学年報』12号・原稿募集

『教育学年報』第1期・第2期〈1~10号〉目次

 

A5判・並製・全484頁、本体5000円+税
2019年8月刊行
ISBN978-4-86686-007-7 C3037